ウェブ接客のメリット|より満足される企業になる!電話代行で対応力をUPさせる

ウェブ接客で店頭と変わらないサービスを提供する

ウェブ接客のメリット

ネットワーク

ECサイトのウェブ接客に力を入れよう

通販で物を買うという人は増えています。ワンクリックで購入することができ、自宅まで届けてくれるという便利なところが注目される1つの理由でしょう。このようにインターネットを通じて商品やサービスの販売・購入ができるようなサイトのことをECサイトと呼びます。自社のECサイトで多くの人に商品やサービスを購入してもらうためには、ウェブ接客が必要となるでしょう。

ウェブ接客とはどういったものか

ウェブ接客というのは、店頭の接客と同じように、個々に合ったサービスをウェブで提供するというものです。店頭では、店員と会話をしながら個々の好みにあった商品やサービスを選ぶことができます。質問や疑問があればその場で聞くことも可能です。また、タイムセールやお得なクーポンを活用することもできるでしょう。そういったことがインターネット上でも行えるのです。ウェブ接客の方法を確認してみましょう。

代表的なウェブ接客の方法を比較しよう

バナー型のウェブ接客

訪問者の行動や閲覧回数などで、サイトに表示されるバナーの種類を変更することができるというものです。訪問者がどんな情報を求めているのかを判別して適切なバナーやクーポン、情報を表示することができるため、クリックしてもらえる確率の向上やサイトから離れる確率の低下を期待できます。

チャット型のウェブ接客

サイトの閲覧や商品のことで感じた疑問や質問を、チャットですぐに解決することができるというものです。オペレーターが臨機応変に対応をすることができるという点が強みでしょう。電話やメールに比べて手軽で親しみやすいため問い合わせのハードを低くすることができるのです。顧客の満足度UPに期待できるのはこちらの方法でしょう。

ウェブ接客でできる便利なこと

no.1

利用者の履歴を読み取って適切な対応ができる

バナー型からわかるように、利用している人のデータを活用して対応をすることができます。購入履歴はもちろん、閲覧データや属性データ、SNSのデータなどを活用することもできるでしょう。それらのデータを元に購入や入会などにつながりやすい適切なコンテンツを選択して表示させます。

no.2

サイトからの離脱を引き止められる

サイトから離脱するタイミングは人によって違うでしょう。誤って離脱してしまうような場合にポップアップやバナーを表示させたり、購入の判断を迷っているタイミングでポップアップを表示させてお問い合わせやチャットに導くということができるのです。このようにサイトから離脱してしまう理由を確認して、適切な対応を行うことができます。

no.3

状況をみてクーポンの発行などができる

何度もサイトを訪問してくれる人や、購入してくれている人限定でクーポンを発行することも可能です。何度も同じページをチェックするということは購入に迷いや他と比較している可能性が高く、そういった人に向けてクーポンを発行することで購入を促すことができるでしょう。

広告募集中